『ジョジョの奇妙な冒険』のあらすじと魅力、読んだ感想

ジョジョの奇妙な冒険 すごいマンガ

『ジョジョの奇妙な冒険』というのは『週刊少年ジャンプ』上で1986年から2004年に渡り、作者・荒木飛呂彦氏によって描かれた超大作コミックの1つになります。

累計発行部数はなんと2016年12月の時点で「1億部を突破!」という超ビッグなヒットを飛ばす程の人気漫画で、「文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画」(2006年)では、「日本のメディア芸術100選」の中でマンガ部門2位に選ばれています。

今回はそんな『ジョジョの奇妙な冒険』にまつわるみどころや魅力、さらに私的な読んだ感想までを一挙公開したいと思います!

まだ本作を読んだことがないという人は、ぜひご参考にしてみて下さい!

『ジョジョの奇妙な冒険』のあらすじ

本作『ジョジョの奇妙な冒険』では第1部から第8部までをストーリー舞台にする上で、それぞれのパートによってとりあえずストーリー完結の形を採っています。

第1部では主人公・ジョナサンと宿敵・ディオとの死闘(私闘?)が繰り広げられ、第2部では究極生命体なるキャラが登場し、ジョナサンの孫にあたるジョセフ・ジョースターが主人公になります。

1部・2部とも主人公の武器は「波紋」という体内エネルギーによるもので、呼吸法によって繰り出される人間エネルギーによって吸血鬼にダメージを与えられます。

第3部からは本作の魅力を決定付けると言ってよい「スタンド」が登場し、守護霊とも言えるスタンドを使ってさまざまな敵を倒していきます。

第4部では日本が舞台になり、第3部から同じくスタンドを使って敵スタンドとの死闘が展開されます。第5部は舞台を一気にイタリアに切り替え、レトロクラシックな背景を魅力にしながら、同じく敵スタンドとの死闘が展開されます。

第6部では一風変わった舞台設計が用意され、主人公を空条徐倫という女性キャラに設定します。舞台は監獄から始まり、ケープカナベラルに移っていくという枠小説型の作品です。

そして第7部(スティール・ボール・ラン)ではそれまでの『ジョジョ…』の設定そのものを変え、壮大な競馬が主となって登場します。そこでも展開されるのはスタンド同士の闘いです。

そして第8部ですが、これは『ジョジョリオン』という別冊の形を採っており、それまでの『ジョジョの奇妙な冒険』とは一線を画すスタイルに仕上げられます。

ざっとあげればこんな感じの概要になります。次章からあらすじを追いながらその魅力に迫っていきます。

みどころではとくに、「部ごとに見られるキャラクターの描かれ方」に注目してみたいと思います!

『ジョジョの奇妙な冒険』のここがすごい!

『ジョジョの奇妙な冒険』のすごいところは、キャラ設定のち密さ・描き方・リアリティに追究した視点の描き方にあります。

そしてストーリー性には無理のない描写を敷きながらもハラハラさせる展開をそこかしこに入れ、次の展開がどうしても気になる読者心理をストレートに突いてくる点にも魅力があるでしょう。

独特の世界観を彩るキャラクター

まず第1部「ファントムブラッド」(第1巻~第5巻)では、主人公のジョナサン・ジョースターと、その宿敵ともなるディオ・ブランドーが登場します。
ジョナサンはジョースター邸に生まれた根っからの紳士で、曲がったことが大嫌いな正真正銘の貴族。一方、ディオは貧民街の不幸な境遇に生まれます。

まずこの対照的なキャラ設定を伏線とし、その後の部巻に長らく影響させていく点に本作のすごさがあります。

このディオの影響力は主人公の血統という点に絡みつく形で、その後、第7部までずっと登場します。

無理のないストーリー性と因果を含めた展開

これは第1部からずっと敷かれ続けたストーリーの魅力になりますが、本作でのストーリーの設計では「日常的な描写」と「奇想天外な描写」とが入り混じった描かれ方がなされます。

第1部では、ジョナサンの父・ジョースター卿が馬車の事故に見舞われ、そこを通りがかったディオの父・ダリオ・ブランドーは金品強奪のためにジョースター卿に近寄ります。

しかし意識を取り戻したジョースター卿はそのダリオを命の恩人と勘違いし、ダリオが死去した後、その恩返しの意味も込めてディオを養子に迎えます。
そして、ジョースター邸で養子として迎えられるディオによってジョースター邸の財産は乗っ取られそうになります。

この辺りの展開はまるで洋画の脚本を読んでいるかのような感動があり、またそのストーリー展開では「自分でもその場合はそうするだろう…」と言わされる自然な描写に富んでいます。

そして、因果応報によるストーリー展開の魅力です。

ディオはある日、謎の石仮面が壁に掛けられてあるのを発見します。
その石仮面こそが、吸血鬼を生み出す異世界の物でした。本作『ジョジョの奇妙な冒険』のメインアイテムです。

この石仮面は人の血液によって反応し、人の脳内に骨針を深く食い込ませて人の未知なるパワーを引き出させ、そのまま吸血鬼へと変貌させます。

そのような石仮面の謎は、長年かけて研究されたジョナサンのノートから、その後の部巻の世界観にまで影響することになります。

つまり、2人の青年が持った石仮面への興味が、本作で彩られる壮絶な死闘へのきっかけ・土台となっているのです。

これほどの超大作ミステリーは、おそらく他のコミックの世界ではほとんど彩られていないでしょう。まさに「王道を行きながらも実験的な作品」と称された本作ならではの魅力です。

能力を使いこなす魅力的なキャラクター達

第2部の「戦闘潮流」(第5巻~第12巻)では、主に「頭脳戦」がメインになります。

確かに第1部で登場する「波紋」が2部でも継承されますが、その力だけで敵を倒すのではなく、さまざまな作戦を練って難局を1つずつクリアしていくという、主人公による懸命なドラマが展開されます。

これは第3部「スターダストクルセイダース」(第12巻~第28巻)でも同じく受け継がれる頭脳戦の魅力となりますが、3部から7部かけては主人公だけでなく、敵も頭脳戦・個別に持つ目的の達成をはじめ、壮絶ながらもリアルな〝かけひき〟を楽しめる展開が魅力です。

ただ強いだけでなく、弱いキャラでも能力を使いようによっては強敵になる、といった実験的なストーリー展開がまさに『ジョジョの奇妙な冒険』に彩られた魅力の1つであり、それまでのヒーロー漫画を根底から覆すほどの痛快さを与えてくれるでしょう。

『ジョジョの奇妙な冒険』のまとめ

今回はできるだけかいつまんで『ジョジョの奇妙な冒険』の魅力・みどころをご紹介してきました。

本作の魅力はまずキャラ設定のち密さにあり、そのキャラたちが互いに描いていく「因果を含めたドラマ」に見られると言って良いでしょう。

舞台設定からストーリー展開までを見る上で、やはりヒーロー漫画にありがちな「次から次へと強敵が現れる」「強いキャラこそが王様」といった展開には持ち込みません。

それぞれのキャラが自分を知り、能力を使いこなし、「どうすれば目の前の課題・問題をクリアできるか?」という死闘ならぬ私闘を展開するところに大きなみどころがあります。

壮大なミステリーロマンを展開してくれる『ジョジョの奇妙な冒険』ならではの世界観を、ぜひあなたの目と感覚で実際に確認してみて下さい!

作者名 荒木飛呂彦
出版社 集英社
掲載誌・レーベル 週刊少年ジャンプ
ジャンル 少年マンガ

ジョジョの奇妙な冒険の作品一覧へ(ebookjapan)

コメント

タイトルとURLをコピーしました