少年たちのひたむきな努力に涙!『おおきく振りかぶって』のココがすごい

おおきく振りかぶって すごいマンガ

野球を題材にした漫画は数多くありますが、その中でも『おおきく振りかぶって』はスポーツ心理学や緻密なキャラクター設定を取り入れており、ただの野球漫画ではない奥深い魅力のある漫画となっています。

この漫画を読むまで私はそこまで野球に興味がなかったのですが、そんな私でも引き込まれる作品でした。

この記事では、そんな野球ファンでなくともハマる『おおきく振りかぶって』の魅力をご紹介いたします!

おおきく振りかぶってのあらすじ

埼玉の公立高校、西浦高校に進学した主人公の「三橋廉(みはし れん)」は中学時代の暗い思い出から極端に卑屈で暗い性格になっていた。もう野球はしないと決めていたものの、マウンドへの想いが捨てられずグラウンドを見学していたところ発足したばかりの野球部に勧誘され、入部することに。

三橋とバッテリーを組むリードが得意なキャッチャー「阿部隆也(あべ たかや)」は三橋の卑屈な性格にイライラするものの、尋常ではない三橋のボールコントロール力に気づくと「こいつを自分の言いなりに投げさせれば甲子園出場も夢ではない」と考える。

中学時代チームメイトと上手くいかず、キャッチャーからのリードすらしてもらえなかった三橋は的確な指示をくれる阿部を盲信するも、チームメイトとの絆が深まるにつれていつしか「本当のエースになりたい」と思うようになり…。

おおきく振りかぶってのココがすごい!

『おおきく振りかぶって』が大好きな筆者が、この作品を読んで感じた魅力についてご紹介していきたいと思います。

まだ読んだことがない方で気になった方は、是非購入して読んでみてくださいね。

緻密なキャラクター設定

おおきく振りかぶってのキャラクター達はとにかくリアルな高校生男子!

試合の応援に母親が来るとぶっきらぼうな態度を取ってみたり、練習中のおにぎりに本気で喜んだりと「高校生ってこんな感じだよね〜」と微笑ましくなります。

作者であるひぐちアサ先生のこだわりなのか、メインである三橋や阿部などチームメイトのプロフィールはもちろん、その家族(両親や兄弟姉妹、祖父母まで)の設定まであり、「このキャラクターは大家族の末っ子だから人懐っこい」「両親が共働きで不在だから料理ができる」などキャラクター達の行動に説得力があり深みのあるものとなっています。

監督や主人公達の親の心理までしっかり描かれているため、読み手の年代によって感情移入するキャラクターも異なる面白い作品です。

巻を追うごとにキャラクター同士の関係も変化していき、はじめはギクシャクしていた三橋と阿部が少しずつお互いを理解し高め合おうとする姿に思わず「成長したんだなぁ…」と親のような心境になりました。

白熱の試合描写

野球漫画の醍醐味である試合のシーンは迫力満点で思わずページをめくる手が震えるほどです。

バッテリーや監督同士の読み合いによる心理戦、4番バッターの葛藤、応援席で見守る応援団や母親達の想いなどが丁寧に描写され、熱い試合展開が繰り広げられます。

巻末にルールの説明なども記載されているので、野球に詳しくない方でも読みやすくなっていますよ!

少年達の青春ストーリーに思わず涙

甲子園という夢に向かってひたむきに頑張る少年達の姿はキラキラしていて、思わず応援したくなります。

序盤の見せ場である、チームのみんなが三橋の過去を受け入れ、「三橋をエースにしてあげたい!」「オレは本当のエースになりたい!」と一致団結するシーンは読んでいて思わず涙してしまいました。

「おお振り」には他にも感動の場面が盛りだくさん。主人公の三橋がいる西浦高校だけでなく相手チーム内の人間関係も描かれるため、負けたチームに感情移入してしまうこともしばしばありました。

実戦にも役立つ!?スポーツ心理学

「おお振り」が他の野球漫画とはひと味違った印象を受けるのは、練習や合宿シーンで見られる瞑想をはじめとするメンタルトレーニングや食事方法などで選手達を徹底的にサポートする監督の指導ぶりです。

少ない練習時間と予算の中で、なんとかやりくりして質の良い練習をさせようと奮闘する監督の姿に共感する指導者の方も多いのではないでしょうか。実際のスポーツの指導に取り入れてみたくなるトレーニング方法がたくさん盛り込まれています。

作者であるひぐちアサ先生はスポーツ心理学を学ばれていたそうなので、その経験が漫画内にも活かされているんですね!

おおきく振りかぶってのまとめ

濃密な心理描写やリアルな育成方法など、他の野球漫画とはひと味違う『おおきく振りかぶって』。
野球が好きな人はもちろん、老若男女問わず幅広くオススメできる作品です。

個人的に、夏の甲子園のシーズンになると必ず読み返したくなるんですよね。
2度アニメ化もされており、アニメからハマり全巻揃えてしまう人も多いですよ。

目標に向かって努力し続ける西浦高校野球部の姿には、読者である私達を奮い立たせてくれる力があり、読後は「私も頑張ってみよう!」と前向きな気持ちになります。

ぜひ、『おおきく振りかぶって』を読んで彼らの青春を堪能してみてください!きっと心に響くこと間違いなしですよ。

作者名 ひぐちアサ
出版社 講談社
掲載誌・レーベル アフタヌーン
ジャンル 青年マンガ

おおきく振りかぶっての作品一覧へ(ebookjapan)

コメント

タイトルとURLをコピーしました